MENU

パーキンソン病の治療方法

パーキンソン病の治療法には薬物治療・手術治療・遺伝子治療・リハビリテーション・東洋医学的な治療などがありますが、完治させるような根本的な治療法はまだありません。

 

現在は上記で述べたような治療法で症状の進行を遅らせたり改善するのが基本になります。
パーキンソン病の研究は世界中で行われているので、これからの治療研究に期待したいです。

 

主な治療方法

  • 薬物療法
  • 手術治療
  • 遺伝子療法
  • リハビリテーション
  • 東洋医学的な治療

注目される治療法

パーキンソン病の明確な治療法はまだ確立されていないので、
病院などで受ける治療と民間療法を組み合わせるのが有効とされています。

 

民間療法は病院などで受ける治療法とは違い自宅で誰にでも行うことが可能です。
またパーキンソン病に有効だとされる様々な研究結果も発表されています。

 

特に水素水は非常に注目を集めており、今後に大きな期待をされています。

 

パーキンソン病に対する水素水の効果が証明されました!

 

パーキンソン病治療のパイオニアとして知られる順天堂大学では
パーキンソン病に対する水素水の効果を調べる為に
数年前から様々な試験が行われています。

 

試験は18名のパーキンソン病患者に対して
9名には1日1Lの水素水を、残りの9名には普通の水を与えると言う
二重盲検試験と言われる方法で48週間に渡り行われました

 

結果、水素水の安全性とパーキンソン病の症状改善効果が証明されました。
また、動物を使った試験でも同様の結果となりました。
現在でも大規模な試験を繰り返し日々研究が行われています。

 

水素水の他にもムクナ豆も非常に注目されています。
ムクナ豆にはLドーパ、フェニルアラニン、チロシンが含まれており、
筋肉が硬直して動きにくくなる、歩けなくなる、身体が満足に動かせない
などの症状改善に効果があります。

 

パーキンソン病の方でリピートで飲み続けている方も多くいます。
→ ムクナ豆について