MENU

ムクナ豆について

ムクナ豆

 

ムクナ豆には鉄分、タンパク質、炭水化物、脂質、ミネラルなどが含まれており、
特に鉄分は他の食品と比べても多く含まれています。

 

以下の表は鉄分の多い食品100gあたりの鉄分量です。

ムクナ豆 8.9mg
大豆(乾) 9.4mg
鶏レバー 9.0mg
いわし(丸干し) 4.4mg
牛レバー 4.0mg
オートミール 3.9mg
あさり(生) 3.8mg
納豆 3.3mg
アーモンド 2.9mg

 

他にもドーパミンの元になるLドーパやアミノ酸の一種であるチロシンを多く含まれていて、
9つある必須アミノ酸も全て含んでいます。

 

Lドーパの他にもフェニルアラニンとチロシンもドーパミンの元になる物質です。
また筋肉の分解を防いだり、疲労回復などの効果がある
BCAA(ロイシン、イソロイシン、バリンの総称)も含まれているため、
スポーツ選手などにもおすすめの食品です。

 

日本での知名度はあまり高くありませんが、含まれる成分から、一般の方はもとより、
パーキンソン病やその他の難病に悩まれる方に強く支持されている食品でもあります。

ムクナ豆の成分と効果

ムクナ豆の成分で際立っているのは、ドーパミンの直接の原料になる「Lドーパ」、同じくドーパミンのもとになる必須アミノ酸「フェニルアラニン」、アミノ酸「チロシン」と「鉄分」です。パーキンソン病の筋肉が硬直して動きにくくなる、歩けなくなる、身体が満足に動かせないなどの症状の緩和には「Lドーパ」と「フェニルアラニン」「チロシン」が効果を発揮します。さらに、全ての必須アミノ酸が含まれているので神経や筋肉によく働きその緊張を和らげるとともに機能向上に役立ちます。

ムクナ豆

 

ムクナ豆の食べ方

ムクナ豆の詳細ページには焙煎してパックした善粒
粉砕して黄粉状にしたこがね散の2種類があります。

 

簡単にいえば善粒は豆の形を維持したもので、こがね散は粉末にしたものです。

 

こがね散は小さじ1杯を1回とし、1日3回を目安に召し上がります。
食べ方としてはご飯にふりかけたり、好きな料理に混ぜても大丈夫です。
また、スープやコーヒー、紅茶などに入れても良いですし、
水と一緒に飲んでしまっても構いません。
黄粉状なので工夫次第でいろんな料理に使えます。

 

善粒は煮豆にして好きな味付けをしたり、
水に浸し柔かくしたのち軽く煮たりすると良いでしょう。
また焙煎済みなのでそのまま食べることも出来ます。

 

ムクナ豆の購入で損をしないワンポイントアドバイス!

詳細ページの一番上で50gをお試し価格で購入出来るのですが、
50gだと約1週間しか持ちません。
さすがに1周間で何か体に変化を求めるのは難しいです。

 

購入するのであれば、ページの一番下で1ヶ月分の250gを購入出来るので、
お試しで購入するとしても、1ヶ月分で購入した方が効果を感じやすいです。

 

1週間分を安く購入したとしても、効果を得られる前に無くなってしまうので、
安物買いの銭失いになる可能性が高いです。

 

 

ムクナ豆