MENU

パーキンソン病とは

パーキンソン病とは原因不明の神経変性疾患のことです。
40歳から50歳以降に発症することが多く進行はゆっくりです。

 

1817年にイギリスの医師である
ジェームズ・パーキンソンにより発見された病気であり病名の由来でもあります。
パーキンソン病は難病に指定されており、
日本での有病率は人口1,000人あたりに約1人と言われています。

 

そのため、現在日本全体では10万人ものパーキンソン病の患者さんがいると推定されていおり、
今後高齢化社会が進む事が要因となり、今後さらに増え続けると考えられています。

 

40~60歳代で発症することが多いですが、70歳以上でも発病する場合もあります。
日本人では永六輔・落合博満・高島忠夫・夏目漱石・江戸川乱歩などが発症しており、
海外では元プロボクサーのモハメド・アリや人気俳優のマイケル・J・フォックスなどが
パーキンソン病の患者であると公表しています。