MENU

パーキンソン病の診断基準

パーキンソン病の診断基準は1995年に厚生省特定疾患・神経変性疾患調査研究班により作られたパーキンソン病診断基準を目安にしています。診断基準を知っておくことは自己診断にも役立つので今回は診断基準をご紹介します。

 

自覚症状

 安静時にふるえがある(四肢や顎に目立つ)

 動作がゆっくりで動作に時間がかかる

 うまく歩けなく歩行が遅い

 

神経所見

 安静時に毎秒4~6回のふるえが起こる(安静時振戦)

 無動・寡動

 歯車現象を伴う筋固縮(こわばり)がある

 姿勢・歩行障害(前傾姿勢・突進現象・小刻み歩行・歩行時に手を振らないなど)

 

臨床検査所見

 一般的な検査で特異的な異常がみられない

 CT・MRIなど脳の画像検査で明らかな異常がみられない

 

鑑別診断

 脳血管障害でないと証明されている

 薬剤性の病気でないと証明されている

 その他脳変性疾患でないと証明されている

 

パーキンソン病と診断の判定

上記を踏まえたうえで以下の1~5を満たすとパーキンソン病と診断されます。

1・経過が進行性
2・自覚症状が1つ以上みられる
3・神経所見が1つ以上みられる
4・抗パーキンソン病役による治療で自覚症状・神経所見の改善がみられる
5・鑑別診断で上記の病気でないことが明確である

パーキンソン病の診断は上記の症状・検査によって行われます。
これらを知ることによって自己診断も出来ます。
少しでもパーキンソン病の疑いがあると思った方は病院で診断を受けてみてください。