MENU

パーキンソン病の進行度について

パーキンソン病の進行度(重症度)を示すのに“ホーン・ヤールの重症度分類”(ヤールの重症度分類)が用いられることが多いです。ヤールの重症度分類はパーキンソン病の治療方針や公的負担の申請の基準になる重要な分類です。ヤール重症分類は5つに分類されます。

 

ヤール重症度Ⅰ

パーキンソン病の初期症状であり、体の片側の手足のみに症状がみられます。症状もまだ軽いので日常生活も健常者と同じくらいこなすことができます。介護は必要ありません。

 

ヤール重症度Ⅱ

症状が体の片側だけでなく両側にみられます。特徴としては姿勢反射障害がなく自立で歩行はできます。しかし、杖などの補助具が必要で素早い動作などは難しくなります。ヤール重症度ではこのヤール重症度Ⅰ・Ⅱは日常生活に介護がほとんど必要ないとされています。

 

ヤール重症Ⅲ度

パーキンソン病の症状で姿勢反射障害が出るとヤール重症度Ⅲに分類されます。姿勢反射障害では歩行などに障害が出て転倒なども増えていきます。なので、自身での日常生活が難しくなってきて1部分では介護が必要となってきます。他にも無動・寡動などパーキンソン病の症状が多くみられようになります。また、パーキンソン病の特徴としてヤール重症度Ⅲ以上の認定になると“難病”とされ医療費が公費から援助される仕組み(特定疾患医療費補助制度)になっています。

 

ヤール重症度Ⅳ

パーキンソン病の症状がより進み機能障害が高度になります。歩いたり、立ったりの動作もギリギリできる状態で転倒などのリスクが高く日常生活に介助が必要になってきます。ヤール重症度Ⅳでは本人も動くのを怖がります。しかし、動かないと寝たきりになるリスクが高まります。ですからできるだけ動くようにするべきです。

 

ヤール重症度Ⅴ

この段階では車いすや寝たきりになってしまい日常の生活には介護が必要です。自立歩行もできなくなります。さらに、言語障害も進みどもりがちになったり早口になったりします。肺炎や膀胱炎などの合併症や寝たきりによる床ずれを起こしやすくパーキンソンの症状以外にも注意が必要となってきます。

 

パーキンソン病はヤール重症度によって5つの段階に分類することができます。
ヤール重症度Ⅲからは特定疾患医療費補助制度の対象となるので注意してください。

 

また、パーキンソン病は進行性の病気なので進行を遅らせることが重要になってきます。
そのためにはしっかり自分の段階を理解し治療に取り組んでください。