MENU

パーキンソン病の予防

パーキンソン病は難病であり、まだ完全には解明されておらず完治する方法は見つかっていません。
パーキンソン病にならないように予防をすることが大事なのです。

 

また、パーキンソン病になってからでも進行を遅らせるための予防が必要です。
今回はパーキンソン病の予防について紹介します。

 

 ドーパミンを増やす

パーキンソン病はドーパミンの減少が原因といわれています。ですから日常からドーパミンが増えるように予防をすることが大切です。ドーパミンは幸福感・快感を司ります。ですから、日頃から楽しいことを見たり、聞いたりすることによってドーパミンは増えるためパーキンソン病の予防となるのです。

 

 運動をする

普段から運動することはパーキンソン病の予防に有効といわれています。特に軽い運動ではなくしっかりとした運動が予防には効果的です。ですから、多少体に負荷をかけて運動をするように心がけてください。
また、パーキンソン病になってからの進行予防にも運動は効果的です。この場合ではラジオ体操や太極拳、ヨガなどがおすすめです。

 

 コーヒーを飲む

最近の研究ではコーヒーがパーキンソン病の予防に効果があると報告されています。しかし、カフェインの摂り過ぎはよくないので適量にしましょう。

 

 日常性でリハビリ

パーキンソン病の進行を予防するには日常生活の動作が重要です。日常生活の動作はすべてリハビリにつながるのです。少しでもパーキンソン病の進行を遅らせるためには自分自身でできる限りの日常生活を送っていく必要があるのです。

 

パーキンソン病の予防にはドーパミンを増やす必要があります。
そもそもパーキンソン病はドーパミンが減ることによって起こるのですから普段から、
ドーパミンが増えるように行動していくことは予防につながります。

 

また、パーキンソン病は進行性の病気です。
少しでも進行を遅らせるには進行予防としてリハビリや運動をする必要があるのです。