MENU

遺伝子療法について

患者自身の皮膚から作ったiPS細胞を、ドーパミンを分泌する細胞に分化させ、移植治療をするという極めて有望な治療方法です。拒絶反応も無く移植治療ができると期待されています。

 

また、慶應義塾大学と順天堂大学が共同で行った試験でパーキンソン病患者からiPS細胞を作製するなど、パーキンソン病の病態解明と根本治療になると期待されています。