MENU

パーキンソン病の原因と症状

パーキンソン病の原因は脳内のドーパミンの減少です。

 

ドーパミンとは神経伝達物質でアドレナリン・ノンアドレナリンの前駆体です。
ドーパミンは快感を得たり意欲を感じたり運動調節などの効果がある脳内ホルモンで、
人間は体を動かそうとすると脳にある大脳皮質からは全身の筋肉に運動の指令を出します。

 

この命令による運動を調整するのがドーパミンの役割で、
ドーパミンは中脳にある黒質にあるドーパミン神経でつくられます。

 

しかし、中脳の黒質で異常がありドーパミン不足になると、
神経同士の連絡がうまくいかず情報伝達経路がうまく機能しなくなります。

 

その結果パーキンソンの症状がみられるようになります。
正常の20%を下回るドーパミンでパーキンソン病は発症すると考えられています。

 

ドーパミン不足になる原因はまだ解明されていませんが、
以下の要因が原因ではないかと考えられています。

 

 ミトコンドリア機能障害

 酸化ストレス

 感受性遺伝子

 

これらの中で最も有力とされているのが、
悪玉活性酸素により神経細胞が破壊される酸化ストレスです。

 

そしてこの悪玉活性酸素を除去してくれると水素水が話題になり、
パーキンソン病治療でも水素水が注目を浴びています。
→ パーキンソン病と水素水の関係

 

パーキンソン病の主な症状

パーキンソン病の主な運動症状は4つあります。
4つの運動症状とは安静時振戦、無動・寡動、筋強剛、姿勢反射障害です。

 

また、運動症状以外にも様々な非運動症状を起こすのがパーキンソン病の特徴です。
パーキンソン病の運動症状について詳しく紹介します。

 

 

安静時振戦

パーキンソン病の発症症状として最もよく見られる症状です。じっとしているときに手が震えてしまう症状で、手を動かせば震えは止まります。また特徴としては手の震えは左右非対称です。発症のケースで多いのが片側の手から同側の足そして反対側の手から足という症状が進行していくパターンです。さらに手の震えはないのに足から震えが始まるパターンもあります。

 

 

無動・寡動

動きが遅くなり少なくなる症状を無動といいます。無動よりも軽度な場合は寡動といいます。また、表情が乏しくなります。これにより仮面様顔貌という仮面のように無表情な顔になってしまいます。その他にも声が小さくなる、書く字が小さくなるよだれが出るなども無動・寡動による症状の1つです。

 

 

筋強剛

この症状では筋肉が硬くなり手足の動きがスムーズに動けなくなります。これは筋肉の緊張が亢進することにより、ドーパミン不足で運動機能が障害されるために起こります。医者が手と肘を持って手を動かしたときに歯車現象・鉛管現象がみられます。歯車現象とは歯車のような抵抗を感じカクカク・カチカチといった動きを感じます。鉛管現象は肘が曲がるまで鉛の管を曲げるような抵抗を感じます。しかし、これらの症状は医者の診察でわかるのであり、患者自身により自覚するのは難しい。

 

 

姿勢反射障害

体のバランスが悪くなる症状です。立ち上がる時・歩く時・方向転換時などでバランスを崩しやすくなります。無動・筋強剛により姿勢を保つことが難しくなるために起こります。さらに歩行障害にも発展していきます。

 

 

 

パーキンソン病の主な症状

 

 振戦(手足の震え)

 無動(動きが遅くなる)

 固縮(身体が固くなる)

 姿勢保持障害(バランス感覚が悪くなる)

 精神障害(うつ病・幻覚・妄想・不安・無関心など)

 睡眠障害(不眠・むずむず脚症候群・REM睡眠行動障害など)

 自律神経系障害(便秘・排尿障害・発汗異常など)

 認知機能障害

 怠感インポテンツ

 身体の痛み

 

パーキンソン病はこれらの症状を発症する病気で、50歳以上の方に多くみられる病気です。
最近ではもっと若い世代の人も発症するケースが増えており、
若年性パーキンソン病と呼ばれています。

 

患者数は1000人に一人と言われており、日本での患者数は10万人超と推測されています。
また、高齢化社会が問題となっており、これからもっともっと患者数は増えると予想されています。