MENU

パーキンソン病と水素水の関係

パーキンソン病と水素水

 

パーキンソン病は脳の黒質と線条体に異常が起こることでドパミンが減少し
手や足のふるえ、動きが遅くなる、筋肉が固くなってこわばるなどの症状が出ます。

 

また、パーキンソン病の原因は完全には解明されていませんが、
最も有力視されているのが悪玉活性酸素による神経細胞の破壊とされています。
水素水はこの悪玉活性酸素の除去に大きな働きをする事が様々な研究で分かっています。

 

そして、パーキンソン病の治療は薬物治療が基本ですが、
どの薬を使ったとしても幻覚・幻視などの副作用がみられます。

 

パーキンソン病には副作用は避けられませんでしたが、
水素水には一切の副作用がないのが特徴で大きな期待をされています。

 

パーキンソン病と水素水の研究

パーキンソン病と水素水の研究を始めた当初は予想を遥かに超える成果が出て、どの研究機関の研究者も驚きを隠せず自分たちの研究を疑うといった事態になりました。

 

名古屋大学ではラットを使った実験で水素水を飲ませた所、あまりの効果に実験過程にミスがあったのではないかと思い、確認の為に同じ実験を4回も繰り返し行い、毎回同じ結果になったそうです。

 

また、パーキンソン病治療のパイオニアとして知られる順天堂大学ではパーキンソン病に対する水素水の効果を調べる為に数年前から様々な試験が行われています。

 

試験は18名のパーキンソン病患者に対して9名には1日1Lの水素水を、残りの9名には普通の水を与えると言う二重盲検試験と言われる方法で48週間に渡り行われました。

 

結果、水素水の安全性とパーキンソン病の症状改善効果が証明され動物を使った試験でも同様の結果となりました。現在でも大規模な試験を繰り返し日々研究が行われています。

 

→ 水素水選びの基礎知識