MENU

水素水選びの基礎知識

パーキンソン病と水素水

 

水素水をネットで検索すると実に沢山の種類の商品が発売されていますが、
全ての商品が同じ分けではありません。

 

商品によっては詐欺まがいな物や水素濃度の低い粗悪品まであります。
そこで水素水選びで失敗しない為にも、しっかりとした選び方をご紹介します。

 

水素水選びの3つのポイント

何の容器に入っているか?

 

まず水素選びでどんな容器に入っているのかはとても重要なポイントです。
水素水に含まれている水素分子は宇宙で一番小さいので、
容器によっては容器の素材よりも水素分子の方が小さく、
容器に閉じ込めておくことが出来ず水素が抜けてしまいます。

 

一番選んではいけないのはペットボトル入りの水素水です。
ペットボトルの物は未開封でも水素が完全に抜けてしまいます。
例外として自宅で水素水を作る事が出来るキットがあるのですが、
ペットボトルに水素発生剤を入れ水素水を作ると言う物なのですが、
水素発生剤の場合はペットボトルでも大丈夫です。

 

次はアルミ缶に入った水素水ですが、水素は空気に触れると抜けてしまうので、
一度開封してしまうと飲みかけとして保存する事が出来ません。
開封後はなるべく早く飲み干さなければなりません。
水を一気に飲むのが苦手な人は避けた方が良いです。

 

最後はアルミパウチに入った水素水ですが、これが一番水素水の容器に適しています。
アルミパウチであれば飲みかけでも簡単に空気を抜いて保存可能です。
水素水を選ぶ時はアルミパウチに入っている物を選びましょう!

 

 

水素濃度はどれくらいか?

 

アルミパウチに入っている商品でもメーカー毎に水素濃度が違います。
水素濃度は高い方が良いので高濃度の物を選びましょう。

 

水素濃度の表記に注意が必要

 

水素水の水素濃度は公式ページに記載されていますが、実は注意点があります。
それは表記されている水素濃度は一体いつの水素濃度なのかと言うことです。
工場で水素を充填した時の濃度なのか、
商品が私達の手元に届いた時の水素濃度なのかでかなりの違いがあります。

 

水素濃度はppmと言う単位で表記するのですが、
例えば「1.6ppm(充填時)」としか記載されていないのはどうかなと思います。

 

と言うのも、どの商品でも充填時は飽和水素濃度である1.6ppmだからです。
問題なのは充填時の水素濃度ではなくて、手元に届いた時の水素濃度です。
充填時に1.6ppmあったとしても手元に届く頃には水素濃度は落ちてしまいます。
なので、充填時以外の水素濃度が記載されている商品の方が良心的だと言えます。

 

もっと言ってしまえば、自社の商品を誇張して宣伝する傾向があるので、
公式ページに記載されている水素濃度も絶対とは言えません。
専用の機械や薬品があれば水素濃度を自分で確認できますが、
普通の人は持っていないので、機械や薬品を使って実際に水素濃度を測定している
サイトを参考にするのが一番確実です。

 

 

コストパフォーマンスは高いか?

 

メーカーが違えば水素濃度も価格も違いますが、内容量も違います。
例えば同じ価格でも500mlと300mlなら500mlの方がお得ですよね?

 

購入するのであれば、コスパの高いお得な商品の方が良いですから
水素濃度が高い事が前提ですが、内容量と価格からコストパフォーマンスも確認しましょう。

 

水素水選びのまとめ!!

水素水選びの3つのポイントまとめ!

 

 アルミパウチに入った商品を選ぶ

 手元に届いた時の水素濃度が高い商品

 コストパフォーマンスが高い商品

 

この3つの条件で水素水を探すのが基本ですが、全ての商品を1つずつ確認するのは
非常に時間が掛るので、この3つの条件を比較しているサイトで探した方が早いです。

 

特に水素濃度に関しては公式サイトに記載されている水素濃度で
ランキング付けしている比較サイトもありますが、
公式サイト記載の水素濃度では誇張している可能性があるのであてになりません。
必ず実際に第三者が測定した数値で比較しているサイトを参考にしましょう。

 

実際に水素濃度を自分で測定して比較しているサイトと、
測定せずに公式サイトの数値をただ比較しているだけのサイトでは、
ランキングが大きく違ったりしますので、
測定していないサイトがどれだけあてにならないか分かるかと思います。

 

水素水選びの3つのポイントをしっかりと比較しているサイトは非常に少ないです。
おそらく一番詳しく比較しているサイトはこちらの水素水ランキングサイトです。

 

こちらのサイトは20種類以上の水素水のデータを事細かくまとめていてデータの量は圧巻です。
6項目からなる水素水ランキングでまとめているのでオススメの水素水がひと目で分かります。
水素水を購入の際は参考にすると良いでしょう